「せっかくネイルや指輪で手元のお洒落をしても、手の血管が浮き出てごつごつした手に見える」
「年齢とともに手の血管が目立ってきて老けた手に見える」

そういったお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。手の目立った血管はすべて静脈(英語でベイン)ですので、一般的には手の浮き出た血管を「ハンドベイン」と呼びます。

「ハンドベイン」

ハンドベインに対する治療は、欧米では広く普及していますが、日本ではそういった治療法があることすらあまり知られていません。

ハンドベインは決して病気ではありませんので、放置していても手に病的な影響を与えることはありません。しかし手は日常的に目に触れる部分ですので、自分でも憂鬱な気分になるでしょうし、人前でも手を出すことがためらわれるのではないでしょうか。

医療法人社団 康静会(こうせいかい)オリジナルのハンドベイン治療【KS式ハンドベインキュア】はこういったお悩みを確実に解決することができます。
治療を受けることはもちろんですが、カウンセリングに行くだけでも勇気がいることだとは思います。しかし、おひとりで悩んでいるだけでは決して解決しません。我々は患者様それぞれの血管の状態に合わせて、最適な治療法を適正な価格でご提供致しますので、ぜひご相談ください。

ハンドベインの原因

1.加齢

静脈はもともと血管の壁が薄く拡張しやすいのですが、加齢とともに弾力が低下することで、より太くなり浮き出やすくなります。

また、加齢により肌の弾力の元であるコラーゲンやエラスチンの量が減少し、皮膚が薄くなっていきます。手の静脈は皮膚のすぐ下を走っているので、薄くなることで肌表面に血管が太く浮き出ているように見えます。

2.体質・遺伝

10代や20代など、若くても体質的に血管が浮き出やすい方がいます。
遺伝的な要素も大きいので、ご両親の血管が浮き出ている方は、今は浮き出てなかったとしても、将来的に血管が目立つようになる可能性が高いです。

3.腕の筋肉量の増加

日頃、手や腕の筋肉をよく使う運動や仕事をしている方は筋肉量が増え、血管内を流れる血流が多くなりますので、手の血管が拡張しやすくなります。

4.皮下脂肪量の減少

皮膚と血管の間には皮下脂肪が存在しますので、皮下脂肪が少ない、つまり痩せている方は皮膚の表面の血管が目立ちやすくなります。