ハンドベイン<br/>について ハンドベイン<br/>について

ハンドベインについて

ハンドベインの治療

康静会では、手の血管治療に最も適したレーザーと、独自のプロトコールで調整した薬剤を併用してハンドべイン治療を行っております。見た目の改善はもちろんのこと、術中の痛みを極力排除し、1回の治療で完治することを心がけております。ハンドベインでお悩みの皆様に必ず患者様にご満足頂けると確信しておりますので、どうぞご相談ください。

ハンドベインの治療 ハンドベインの治療

康静会のハンドベイン治療

ハンドベイン治療とは、手や腕の美容的に問題となる浮き出た血管を目立たなくし、手元を美しく若返らせる治療です。康静会では2つの治療法を行っております。直径3mm未満の細い血管(主に手の甲)に対しては、硬化剤という薬剤を血管に注入して固めて吸収させます(硬化療法)。一方、直径3mm以上の太い血管(手の甲や腕の部分)に対しては、レーザーで血管を内部から焼灼(しょうしゃく)して吸収させます(レーザー治療)。

硬化療法について

硬化療法は、直径3mm未満の細い血管(主に手の甲)に対して、ポリドカスクレロール®という薬剤を最適な濃度に調整して注射する治療です。注入した血管は固まって3か月程で自然に吸収されます。 手の甲の血管は網の目状に走行しているので、薬剤の広がりを利用したほうがムラのない治療効果が得られます。

ハンドベインの治療 ハンドベインの治療

ポリドカスクレロール®は、下肢静脈瘤をはじめ、様々な疾患に使用されている薬剤で安全性が確立しています。

ポリドカスクレロール®は濃度が高いほど固まりやすく、低いほど固まりにくいという特徴があります。固まりやすいほうが治療効果は高いのですが、過度に固まりすぎると炎症や色素沈着などの合併症が起こりやすくなります。逆に濃度が低いと固まらないため治療効果が不十分になります。したがって、血管の状態や太さ、治療する範囲に応じて適切な濃度を見極めることが重要です。

康静会では、血管を適切に固めながら、合併症を最小限にする濃度を0.1%単位で調整しています。硬化療法だけだと治療時間は約10分で、治療後の生活上の制限はありません。

まとめると、手の硬化療法とは・・・

  • 3mm未満の細い血管(主に手の甲)に対する注射の治療です。
  • 薬剤濃度を微調整することにより、高い治療効果と安全性が得られます。
  • 受診当日に治療可能で時間は10分程度です。

レーザー治療について

レーザー治療は3mm以上の太い血管(手の甲や腕の部分)を血管の内部からレーザーで焼灼する治療です。焼灼した血管は2~3か月程度で体内に吸収され目立たなくなります。太い血管を先ほど説明した硬化療法で治療すると、血管が残存したり、逆に固まりすぎて炎症や色素沈着などのリスクが高まりますので、レーザー治療のほうが安全で確実な治療効果が得られます。

レーザー治療について レーザー治療について

“血管を焼く”と聞くと少しびっくりされるかもしれませんが、これは足の静脈瘤に対しては標準的な治療となっており、専門的な知識と経験を有する医師が行えば、安全性が確立した方法です。焼灼した血管は2~3か月程度で体内に吸収されます。なお、体外から当てるレーザーは血管収縮効果がほとんど無いのででは康静会では使用しておりません。

血管を焼灼するためのレーザー機器として、康静会ではAtoven 1940nmを採用しています。

Atoven 1940nm Atoven 1940nm

Atoven 1940nmはFDA(米国食品医療品局)、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)、CEマーク(商品がすべてのEU加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク)といった、世界各国の厚生省庁認可を受けた安全性・信頼性に優れた医療用レーザー機器です。※当機器は下肢静脈瘤治療に対して日本国内では未承認ですが、当院ではハンドベイン治療に採用しております。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

1940nmというのはレーザー光の波長を表しています。レーザー光の特徴として、波長が大きくなるほど水吸収率が上昇するという特徴があります。現在、足の静脈瘤治療に対して承認されている機器のレーザー波長は980nmと1470nmだけですが、当院ではより吸収率の高い1940nmの機器をハンドベイン治療専用に使用しています。

まとめると、レーザー治療とは・・・ まとめると、レーザー治療とは・・・

まとめると、レーザー治療とは・・・

  • 3mm以上の太い血管(手の甲や腕)を内部から焼灼して目立たなくする方法です。
  • 硬化療法では治療が難しい太い血管も治療することが可能です。
  • ハンドベインに最適な最先端レーザー機器を使用しています。

硬化療法とレーザー治療の同時施行について

手の甲の血管と腕の太い血管を同時に治療したい方には、硬化療法とレーザー治療を同時に行うことが可能です。この2つは通常は同時に施行することは難しいとされていますが、康静会では独自の技術改良により、一度にかつ短時間で(15分程度)治療することが可能です。また、3種類の麻酔を併用することにより、手術中に痛みを極力感じないようにしています。

硬化療法とレーザー治療の同時施行について 硬化療法とレーザー治療の同時施行について

最後に

ハンドベイン治療は病気に対する治療ではなく美容医療です。しかし、手にコンプレックスが無くなることにより、気持ちが前向きになったり、いろんな場所に出かける機会が増えたりと、その方の人生が向上するという意味では、病気に対する治療と同じくらい重要な意味を持つと考えています。

我々は、単に血管を目立たなくするだけではなく、手を美しくデザインして、その方の人生の幸せに少しでもお役に立つことがハンドベイン治療のゴールだと考えています。少しでもお悩みの方は、どうぞご相談ください。