関節再生医療 関節再生医療

関節再生医療

我々の思い

我々の思い

なぜ、下肢静脈瘤とひざの治療を一緒にするんだろう、と思われる方もいるかもしれません。

実は、下肢静脈瘤とひざの痛みは密接に関連しています。ひざに痛みがある方のほとんどが「変形性膝関節症」という、ひざ軟骨がすり減る病気が原因ですが、近年、変形性膝関節症の方は下肢静脈瘤になりやすい事や、逆に下肢静脈瘤は膝の痛みを増悪させることが報告されています。さらに、膝の痛みがある方に静脈瘤の治療をすると70%の人が症状の改善が認められたという報告もあります。

足には関節やじん帯、血管など、痛みや不調の原因となる構造がたくさんありますので、別々に診察していては原因がわかりにくいことがあります。当院ではその両方が診察できる日本でも限られたクリニックであると自負しております。

ひざ関節治療でPRP療法は、自由診療であるため費用が高額になりがちです。しかし、治療というのは患者様に届いてこそ意味をなすものであると私は考えております。私が研究していた時のノウハウを生かすことで、コストを抑え、高品質でかつ安全な治療を提供することが可能となりました。

PRP療法をはじめとする再生医療はこれからの医療を大きく変えます。人生100年時代が到来しています。何歳になっても自分の足で行きたい所に行く、会いたい人と会う、この楽しみのためには足が健康であることが必須です。皆様の人生がいつまでも充実するように、貢献できたら幸いです。