下肢静脈瘤の症状
下肢静脈瘤かしじょうみゃくりゅうは血管が膨らんで浮き出て目立ってくるのが有名な症状です。
しかし、下肢静脈瘤は見た目以外にも、むくみやだるさ、足がつる、かゆみといった多様な症状があります。

特に血管がコブになって浮き出ていないような場合には「下肢静脈瘤」の診断がつかずに、足の不快な症状は年齢のせいになったり、理由がわからないまま漫然と整形外科や皮膚科にかかっている例もあります(隠れ静脈瘤)。

ここではそんな下肢静脈瘤の症状について詳しく解説しましょう。

※ご来院をご希望の方は、お電話(03-3902-1111)またはメール予約よりご予約下さい。

下肢静脈瘤の症状と言えば見た目

下肢(足・脚)の静脈のりゅう(こぶ)という名前の通り、下肢静脈瘤では足の血管(静脈)がコブのように浮き出るのが有名な症状です。

血管が透けて見えるだけなのか、クモの巣のように細い赤い糸状の血管が目立つだけなのか、グネグネ・ボコボコしてしまっているのか、いずれも「下肢静脈瘤」と言われますが、その静脈の浮き出方や見え方によっても症状や重症度、治療法に違いがあるのです。

静脈瘤の血管の見え方・原因によって4つのタイプに分けられます。

伏在型静脈瘤
伏在ふくざい
足の付け根からふくらはぎの内側にかけて広い範囲にコブを作るもの(ふくらはぎだけのものもある)
側枝型静脈瘤
側枝そくし
伏在型の枝の一部分が瘤になったもの
網目状静脈瘤
網目状
直径2-3mmの小静脈の拡張
クモの巣静脈瘤
クモの巣状
直径1mm以下の糸状の静脈の拡張

下肢静脈瘤の見た目以外に起こる症状

下肢静脈瘤の症状

最初に下肢静脈瘤の見た目の症状(こぶなのか、クモ状・網目状にみえるだけなのか)のお話をしました。
クモ状・網目状の静脈瘤は見た目以外にはあまり症状はありません

しかし、コブになってしまっている静脈瘤(または後々コブになっていく途中で、今は血管が目立っていないもの ⇒隠れ静脈瘤)では足の様々な不快な症状を出します。

典型的な症状は、足のむくみ(浮腫ふしゅ)や重だるさ、こむら返り(足がつる)、痛み、皮膚炎(湿疹)などです。

それではなぜこぶになってしまう静脈瘤ではこのような多彩な症状が起こるのでしょうか?

実は静脈としての働きが悪くなってしまっているからなのです。

下肢静脈瘤の症状が起こるしくみ

そもそも静脈は、血液を心臓に戻すための血管です。
特に足の静脈は、下から上へ重力に反して血液を戻さなければならないのです。

筋肉を使うことで筋肉は収縮して静脈が押しつぶされ、血液が移動します。
静脈の筋肉ポンプ作用

このとき、きちんと下から上へ逆流をさせないように静脈には逆流防止弁が備わっています。
ところが、コブになってしまうような静脈瘤ではこの逆流防止弁が壊れてしまうのです。
下肢静脈瘤と静脈弁の働き

こうなると足の血液がうまく戻れずに血液の循環が悪くなり、足に老廃物がたまり、炎症が起こるのです。
これにより見た目はもちろん多彩な症状を示すようになります。

下肢静脈瘤の主な症状

下肢静脈瘤で起こる主な症状について解説しましょう。

足がだるい・重い・疲れやすい

静脈を伝って本来なら心臓に返っていくはずの血液が、逆流して足の静脈内にたまってしまってこの症状が起こります。
足の老廃物が運ばれなくなり、足に疲労物質も蓄積してしまいます。

朝や午前中よりも、長く立っていた後や夕方になると足がだるくなってくることが多く、特にふくらはぎが重だるい感じになって、マッサージに通っている人も少なくありません。

下肢静脈瘤は長年かけて進行するためこの症状に慣れてしまって自覚していないこともあります。
慢性的に足の重さ、だるさがあるのが当たり前になりすぎている例です。

そういう場合でも治療後には足が楽になったり細くなるので自覚し気付きます。

足の痛み

一般的には下肢静脈瘤のコブそれ自体が強く痛むことはあまりありません。

痛みと言っても、「ピリピリする」「チクチクする」、ふくらはぎの重いような痛みです。
長時間立っていた後に起こりやすいのが特徴です。

なお、激しく痛みがあり腫れて固く触れるときには、静脈瘤のコブの中で血栓けっせんといって血液が固まり炎症を起こしている可能性があります(血栓性静脈炎けっせんせいじょうみゃくえん)。この場合は早めに治療が必要です。

足がむくむ

むくみが起こると、いつもより足が太くなり、すねや足首を指で押すと凹んだままあとが残る状態をいいます。

下肢静脈瘤では逆流して足にたまってしまった静脈血から水分がしみ出して、皮膚の下にたまりむくんでしまいます。
むくみがひどくなると下肢静脈瘤による血管の膨らみはわからなくなる場合もあります。

足のむくみは、年齢・生活習慣・体質・内科的な問題(心臓、腎臓、肝臓、甲状腺、貧血)など実に様々な要因で起こります。
ですから、足のむくみがあるからといって、必ずしも下肢静脈瘤というわけではありません。

ただ、様々な病院にかかってもむくみの原因がはっきりしないときには下肢静脈瘤を疑って検査してみると良いでしょう。

足がつる(こむら返り)

足の筋肉のけいれんにより、突然強い痛みとともに収縮して固くなります。
こむら返り」ともいい、「こむら」すなわち「ふくらはぎ」でよく起こります。

それ以外にも、足の指や太もも、すねのあたりがつることもあります。

足のつり(こむら返り)は下肢静脈瘤に限らず起こりますが、特に下肢静脈瘤では就寝中に明け方起こることが多く眠っていても痛みで目が覚めてしまいます。

下肢静脈瘤が進行すると逆に足はあまりつらなくなる傾向もあります。

かゆみ

寒さや入浴などの温度変化でかゆみが出るようになります。
下肢静脈瘤によるかゆみと気づかずに皮膚科に通院している方も多く、なかなか症状が改善しづらいのが特徴です。

皮膚炎を起こして湿疹がでることもあります。

足がほてる

熱く火照ほてったように感じることがあります。

逆に冷え感をいう方もいますが、下肢静脈瘤と足の冷えに関しては直接的な関係はあまりありません。
冷えに関しては動脈硬化に伴う血流障害が原因のこともあります。

足がピリピリする

クモの巣状静脈瘤の画像血液の量が増えて、血管が広がるときに感じる感覚です。
特にクモの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤など細い血管で起こりやすい症状です。

生理周期でホルモンの作用によって血管が拡張してピリピリすることが多いです。

このピリピリ感をしびれという方もいますが、神経のしびれとは関係ありません。

下肢静脈瘤の合併症

下肢静脈瘤は進行(放置)すると、上記のような症状にとどまらず、より治りにくい症状が出てしまいます。
そんな下肢静脈瘤の合併症について解説しましょう。

足の湿疹しっしん・皮膚硬化

下肢静脈瘤は進行すると皮膚炎を起こすことがあります。
コブができている周囲の皮膚や、足首の周辺に出るのが特徴です。

かゆみが強く、薬をつけてもいったんは良くなりますが完治しません。

皮膚に繰り返し炎症を起こすと、段々と固く黒くなっていきます(脂肪皮膚硬化症しぼうひふこうかしょう)。

色素沈着しきそちんちゃく

黒く変色した皮膚炎を伴う静脈瘤足に溜まった静脈血液中の成分(赤血球のヘモグロビンに含まれる鉄など)の色素が皮膚に沈着して、皮膚が黒っぽく変色していきます。

いったん色素沈着すると、下肢静脈瘤を治療してもなかなかよくなりずらいので、色素沈着が起こる場合は早期に治療を行うのが賢明です。



潰瘍かいよう

下肢静脈瘤による潰瘍特に固くなった皮膚(脂肪皮膚硬化症をおこした皮膚)に起こりやすく、かゆみによるかき傷や怪我をきっかけに皮膚に穴があきそれが広がります。

下肢静脈瘤による潰瘍で足を切断しなくてはならないことはありませんが、細菌が入って感染を起こしたり痛みや出血などで日常生活にかなり支障をきたしてしまいます。



血栓性静脈炎けっせんせいじょうみゃくえん

足に溜まってしまった血液が静脈内で固まってしまいそれを「血栓けっせん」といいます。

血栓ができると静脈に炎症を起こし、その部分の皮膚は赤く腫れあがります。

下肢静脈瘤で痛みを伴う場合は、血栓性静脈炎を考えます。

皮膚が腫れて赤くなっているものだけを見ると、細菌が入って感染して化膿しているものと間違われやすいのですが、抗生剤を飲まなくても血栓性静脈炎では数週間で自然に治まってきます。

下肢静脈瘤そのものを治療しない限りは繰り返してしまう可能性があります。

エコノミークラス症候群(肺塞栓症はいそくせんしょう

「下肢静脈瘤があると血栓が飛んで突然死することがある」と聞いて心配になって来院される方がいます。
これに関しては過剰に怖がる必要はありません。

ただ、静脈内の血の塊は、肺の静脈をつまらせて急性心不全になって突然死することは確かにあります。
飛行機に長時間乗った後や、震災などで自家用車内など狭い空間で生活していた時によく起こります。

これをエコノミークラス症候群(急性肺塞栓症)と言います。

エコノミークラス症候群において危険なのは身体の深部にある静脈内に血栓ができてそれが肺に飛んだときです。
下肢静脈瘤が起こっている静脈は表面の静脈であって深部の静脈ではありませんので、「下肢静脈瘤=突然死」を極端に恐れる必要はありませんが、下肢静脈瘤から肺塞栓症が起こった報告もあるので全く無視できるわけでもないでしょう。

また、まれに深部静脈に血栓があるために逆流が起こって下肢静脈瘤になってしまっている例があるのでこれは要注意です。

こんな症状は下肢静脈瘤ではありません

足の不調は関節、筋肉、神経と様々な部位で起こりえます。
明かな下肢静脈瘤のコブがあったとしても、すべてを下肢静脈瘤のせいにはできません。

まず膝や足首の関節部分の痛みは違います。
「膝を曲げて痛む」「歩くと膝が痛む」は膝関節の問題です。
主に加齢が原因で、軟骨がすり減って起こるものを変形性関節症といいます。
膝に水がたまり、膝を曲げたときや階段を降りるときに痛みがでます。

しびれも下肢静脈瘤の典型的な症状ではありません。
下肢静脈瘤でしびれが起こるとするならピリピリするような感覚か、もしくは一日立っていた後などにふくらはぎなどに一時的に出る程度です。

一日中続いていたり、足を動かしたときに起こるものは神経の障害(代表的なものは坐骨ざこつ神経痛)です。

足の感覚の異常(足の裏が砂利を踏んでいるような感じ)もしびれとしてうったえる方もおりますが、これも下肢静脈瘤と言うよりは神経障害(例えば脊柱管狭窄せきちゅうかんきょうさくなど脊椎が狭いことで神経が障害を受ける)の可能性が高いでしょう。

足の冷えも下肢静脈瘤で起こりやすい症状ではなく、むしろ静脈ではなく心臓から送られてくる動脈の問題になります(動脈硬化など)。
下肢静脈瘤では冷えよりもほてることの方が多いように思います。

むくみは下肢静脈瘤でも起こりますが、これも実に様々な要因で起こりますので注意が必要です。りあ