院長 佟 暁寧トウ ギョウネイ

佟 暁寧
下肢静脈瘤は症状として痛みが無いため、医療機関を受診するのが遅れてしまうことが多いです。
また、見た目ではわからないこともあるため、足のむくみやだるさに悩んでいても原因がわからないまま放置してしまうことも少なからずあります。
私は、このように受診が遅れることで重症化し、潰瘍や皮膚硬化などの治療に難渋する方を多く見てきました。
心臓血管外科医としてこういった方を一人でも多く治療したいという思いで、下肢静脈瘤を専門にすることを決意しました。
今まで培った知識や技術のすべてを注ぎこみ、日々の診療にあたっています。足は生活の基礎となる重要な体の一部です。少しでも不調を感じた放置せず、ぜひお早めにご相談ください。

略歴

  • 2010年9月 清華大学第一附属病院 心臓血管外科 医員
  • 2011年9月 清華大学大学院 心臓血管外科専攻博士課程
  • 2016年4月 釧路孝仁会記念病院 研修医
  • 2018年4月 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科
  • 2019年4月 伏見静脈瘤クリニック 入職

資格

  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 胸部ステントグラフト実施医

所属学会

  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本外科学会

医師 窪田 優子くぼた ゆうこ


下肢静脈瘤は、治療できる専門機関が少ない上に、患者様ご自身も自分が下肢静脈瘤か分からないといった方が多くいらっしゃいます。症状としては、主にはむくみやだるさなどがあげられますが、それに気付かず過ごしていらっしゃる方がほとんどです。
早期にご相談頂き治療することで、足の血管がこぶ状に浮き出て目立つようになってしまったり、潰瘍などのリスクを事前に防ぐことができます。

少しでもご自分の足の不調を感じたら、ぜひ一度ご相談にいらして下さい。
診察で症状などをお伺いし、当院での治療で健康な足を取り戻して頂ければと思います。

略歴

  • 2007年3月 宮崎医科大学医学部医学科 卒業
  • 2007年4月 大阪市立大学医学部附属病院 卒後研修医
  • 2009年4月 大阪市立大学医学部附属病院 心臓血管外科
  • 2009年11月 医療法人藤井会石切生喜病院 心臓血管外科
  • 2010年4月 大阪市立大学医学部附属病院 心臓血管外科
  • 2015年4月 社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会野江病院 心臓血管外科
  • 2019年7月 医療法人毅峰会吉田病院 内科
  • 2021年4月 伏見静脈瘤クリニック

資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 心臓血管外科専門医
  • 脈管専門医

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本循環器学会