院長 中村 セツヤなかむら せつや

美容外科指導医として、数多くの美容外科医、美容皮膚科医の育成に携わる。 「腫れない二重切開手術」「腫れない目の下のクマ取り手術」を得意とする。 アンチエイジング全般だけでなく、バストPRPや後頭部PRP(絶壁修正)、オデコ形成PRPなどデザインセンスを問われる手技にも高い評価を得ている。 1999年大分大学医学部卒業 再生医療の先駆者であるクリニック・ポールニーハンスで研鑽を積む。 その後、美容外科院長を歴任し、 現在は東京・大阪・韓国ソウルにて定期的に技術指導を行なっている。

理事長 岡本 慎一おかもと しんいち

略歴

  • 2002年3月京都府立医科大学 卒業
  • 2002年4月同附属病院整形外科 勤務
  • 2012年3月京都府立医科大学大学院 卒業 (医学博士取得) (PRPに関する論文が世界的再生医療雑誌Tissue Eng.に掲載)
  • 2014年2月赤羽静脈瘤クリニック 開院
  • 2015年5月PRPに関する研究が米国で特許取得
  • 2018年1月医療法人社団康静会 理事長就任
  • 資格

    • 医学博士
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 弾性ストッキング・コンダクター
  • 所属学会

    • 日本再生医療学会
    • 日本静脈学会
    • 日本脈管学会
    • 日本整形外科学会