KS式ハンドベインキュアについての詳細はこちら

初診は10分程度、ハンドベイン治療は自費治療

初診は10分程度、ハンドベイン治療は自費診療となります。
ただし、身分証明書として保険証や医療証を提示して頂く場合がございますので、必ずご持参ください。

診療の流れ

1.問診票の記入
問診票の記入問診票へ、ご自分が目立たなくしたい血管をご記入頂きます。
2.医師の診察
医師の診察医師が問診票を見ながら、手の血管を診察します。
解剖学的走行や血管の範囲を考慮しながら、目立たなくしたい血管が治療可能かどうかを判断します。血管の部位と太さ、さらに患者様のご希望を総合的に考慮して治療法を決定します。
3.治療

K法(硬化療法): 主に手の甲の血管

3mm未満の血管であれば、概ねK法による治療が可能です。K法は注射による治療で、診察後すぐに治療が可能です。
診察の結果、S法の併用が必要な場合には後日手術をご予約頂けます。

S法(血管内レーザー焼灼術): 手の甲や前腕の血管

3mm以上の血管の治療をご希望の場合には、通常S法の併用が必要となります。
診察の結果、S法の適応がある場合には後日手術をご予約頂けます。
初診当日に予め手術枠を確保することも可能ですので、当日手術のご要望をお電話でお知らせください。

術後について

K法、S法とも、手術当日より日常生活に制限はありません。また、基本的に術後の診察も必要ありませんが、2ヶ月以上経過してもまだ血管が目立つ場合は、3ヶ月以内であれば無料で再治療させて頂きます。
※機能的観点や合併症的側面から、治療が困難と判断する場合がございます。